㈱カネカ、㈱資生堂と生分解性ポリマーPHBHを用いた化粧品容器共同開発を開始

株式会社カネカ IR?広報部
2019年4月24日
 

 カネカは、人々が健康で生き生きとした暮らしを送れるための事業を様々な面から追求しています。
 人生100年時代が到来しているなか、健康に加え深刻化する地球環境問題への科学技術による解決策を㈱資生堂様と協議し、持続可能で快適な社会を創造する価値の大切さで同社と意見が一致しました。そしてこのほど、非常にユニークな当社ならではのプラスチックによる海洋汚染問題への解決提案素材「カネカ生分解性ポリマーPHBH」(以下、PHBH?)を用いた化粧品用容器を共同開発することで㈱資生堂様と合意致しました。

 プラスチック素材の製品は、私達の暮らしにとって便利で欠かせないものになっている一方で、適切な処理がなされないことによって、海中に漂うプラスチックが生態系や人々の健康へ影響を与える懸念が高まっています。このように環境に配慮した素材に関心が高まる中で、化粧品用の容器、包装材における環境負荷低減を継続的に行っている㈱資生堂様より、PHBH?の海水中で生分解する点を評価いただきましたので、当社は同社と共同してPHBH?を用いた製品の開発に取り組んでまいります。

 PHBH?は、当社が開発した100%植物由来のバイオポリマーであり、幅広い環境下で優れた生分解性を有します。
 特に近年では、マイクロプラスチックによる海洋汚染が世界的な社会問題となっており、生態系への影響が懸念されていますが、PHBH?は海水中で生分解する認証「OK Biodegradable MARINE*」を取得しており、海洋汚染低減に貢献します。

 カネカは美しい環境を次世代に引き継いでゆくため、新素材の開発によって環境汚染問題に貢献してまいります。

以 上

* 海水中(30℃)で、生分解度が6ヵ月以内に90%以上になること。ベルギーに本部を置く、国際的な認証機関Vincotteより、2017年9月認証取得。Vincotteは2017年12月TüV AUSTRIA Belgium NVに認証業務を引き継いだ。